1日1マヤ解説銀河の音

宇宙の音響:銀河の音13

銀河の音13の時をみる

音のエネルギー:宇宙
/ 存在・持ちこたえる・越える

意識のキーワード
/ 没頭・宇宙に繋がる・次元上昇

音13は13日間サイクルの最終日。

銀河の音1で始まった・願った目的は
(やり始めたり・望み願いを思う)
音2~6の日でウェイブスペルの
エネルギーを感覚的に
体験していく数日を過ごし
音7で最高潮・ピークを迎えます。

音8~10には少しずつ現実レベルで
形になっていきます。
音11~12で想いが、
精査され結晶化・完成される。

そして銀河の音13…
このサイクルでやってきたことの
『結果』が待っています。

宇宙の定数でもある13のエネルギーで
見えない力が働く時ですから、

予期せぬ出来事…
魂の覚醒
生まれ変り・生まれる

といった「ギフト」の時です。
受け取るにふさわしい器(自分)
を準備してくださいね。

ふさわしい器とは…
それは純粋になること。
自分自身に誠実になること。

自問自答し、自己肯定をし
「これがよい」と思うことに没頭する
没頭し無心になることにより、
次元上昇し魂がランクアップ↗↗
シンクロが降り注ぎます。

音13の時は『宇宙の門』と呼ばれ、
一つの周期の終わりから、
次のサイクルの次元へと
次元上昇する時です。

生まれ変り、超越していく…
新しい世界への扉の門…

今ここに在ることに感謝し、
その感謝の思いも新たに、
また来るべき13日サイクルへの
準備と出発する時とも言えます。

明日からの13日はどんな冒険に出るのでしょう?
次のサイクルへの準備もしてみましょう。