1日1マヤ解説銀河の音

宇宙の音響 銀河の音2

銀河の音2の時をみる

● 音のエネルギー:月の
Power: 挑戦
Action:極性を与える
Essence:安定させる

●意識のキーワード
/ 自由意思 ・叡智・挑戦・二極化

音2の時は 何事も挑戦してみること。

音1の時に立てた「目標、目的」を思いだしてください。
その目標や目的にある「挑戦のテーマ」は何でしょうか?
意識を向けてみてください。

一つの考え・出来事を「二極化」させてみる。。。

月はもともとは地球と一つだったとも言われています。
それが別れて、二つの天体の間に引き合ったり、離れ合ったりする「関係」が生まれました。

二つは引き合いながら関係性と運動が生まれてきます。
銀河の音2にはそのエネルギーがあるということです。

ですから、上と下・プラスとマイナスのように、
あなたの
得意なことは?
不得意なことは?

2つに極性を与えると、そこに循環のエネルギーが起こり始めます。

そしてどちらも自分と認めてみてください…
出来ることあれば、出来ないことあって良いのです。
人は・物質はそう形成されています。

プラスマイナス=ゼロ…陰と陽のバランスもそうです。
受け入れたら物事がスムーズになりますよ^^

音2の時は関係性が生まれ、形作られる時。
関係性の中から学びが有ると思い、人間関係を通して内面を磨く時です。