1日1マヤ解説銀河の音

宇宙の音響:銀河の音6

銀河の音6の時をみる

音のエネルギー:律動の
/ 平等・組織する・つり合わせる
意識のキーワード
/超常識 ・動揺

音3で動き始めたものに、
音4で活動の空間ができてきます。
音5で中心軸がきまり、
そこから音6では、
自分を中心とした生き生きとした
関係が生まれてきます。

音のエネルギーにある「平等」というのは、
入る力と出る力が釣り合うことを意味し、
陰と陽が釣り合うとか、
プラスとマイナスが釣り合うこと。

受動的な動きと、 活動的な動きが同等になる。
それが音6の本質的な性質
ということなんです。

活発に動く時、忙しい時です。
『継続は力なり』を意識しましょう。

また『尊重』することも大切な時です。
思いやりを持って過ごしてください。

そしてこの時は、魂が目覚める時。
すべてのものが平等に
宇宙のリズム(音)の中から生まれ、
何年も、何十億年も、
今この瞬間も継続しています。

陰と陽、プラスとマイナス、
出る力と入る力を調和させ、
つり合わせようとする。。。

そこには脈動という
生き生きとしたエネルギーが生まれ、
それこそが律動というリズム(音)なのです。

全てのリズム(音)
を意識して過ごしてみてください。

そして、常識を越えたこと
がシンクロを引寄せます。
眠る潜在意識が目覚めるための
動揺・ハプニングが必要。

動揺するような事が起こったり、
ハプニングが起きたら…
それは運気最高↗魔法の絨毯に乗っています