1日1マヤ解説銀河の音

宇宙の音響:銀河の音7

銀河の音7の時をみる

音のエネルギー:共振の
/ 調律・チャネルを合わす・呼び起こす
意識のキーワード
/フォーカス ・捨てる

音6の時に人間関係や
お仕事などいろいろと「間口」
が広がったのではないでしょうか?

音7はその中から
自分に必要なものを精査し選びとる時です。

銀河の音7は、ウェイブスペルの
すべての力が一つになって,
宇宙の扉を開く感じです。

これまでないと思っていた
新しい可能性が見えてくる。

音のエネルギー「調律」は
神秘の領域にチャネルを合せて、
インスピレーションを受け取るために、
調子を合わせることで
「インスパイアされる」
(感化しひらめきや刺激されること)
ことなんです。

思わぬ情報が入ってくる時。
たくさん入ってくる情報の中に
幸運がいっぱいひそんでいます。

そこで…フォーカスがシンクロを引寄せます。

音6の時は活発な動きと共に
情報の量が先行してしまう時でした。

それによって溢れた情報は
何が本当なのか、必要なのか
が見えづらくなります。
「何に意識をフォーカスするか?」
要らない情報を削り捨てれば(手放すこと)
物事の核心が見えてきます。

…この音7の時にくると
自分の内面からエネルギーが
湧き出てきてるの感じがしてきます。
実感し、意識してみてくたさい。
宇宙のリズム『自然時間』に
チャンネルを合わせて
高次元の感覚を呼び起こす。

意識の波動を合わせて
チャネル(経路)を開く力で
未知の可能性へのインスピレーションを受け取る。
プラスの思い込みで『共振の場』
を作ることが大切になります。