1日1マヤ解説ウェイブスペル

WS 青い夢語る夜

テーマ:豊かさに自分を開く

青い夜の夜はマヤ語で「 アクバル」といいます。
夜は夢の世界。 夢は意識の深層から
宇宙のすべてに繋がっている通り道です。
すべての情報、すべての知恵、
すべてのメッセージがそこにはあり、
夢を通して私たちに降りてきます。

この時は、無意識が活性化するので
何もする気がしない、ただ眠くてしょうがない。
なんてことも多いようです。
無意識が活発に活動しているときなので、
自覚のできること、意識的には何もしないことを
自分に許してみるといいと思います。

現実の世界でなにかするというよりも、
意識の世界で活動している時期なんですね。
そうして、青い夜の世界の豊かさに開かれ
夢を通して降りてくる
インスピレーションを受け取ってみてください。

眠っているときに見る夢でも、
起きているとき脳裏に映し出される
白昼夢でもあります。
あるいは、降りてくるイメージっていうのも
無意識の世界から拾ってきているんですね。

頭で考えずに「ピン!とくる」っていうのも
無意識の世界からダイレクトにくる知覚、
直感のことです。

宇宙が差し出す限りない豊かさの中から
あなたがこれから創りだす世界の
素材を拾ってみましょう。
それが青い夜の本質、直感の世界です。

そして、その降りてきた夢を語りましょう。
夢をたくさん語る事で
豊かな時を過ごすことが出来ます。
相手の夢についても語りましょう。

またこの時期は、周りの人に夢と希望
を与えることを意識して、
「本当に自分が好きなこと」
「やりたいこと」
に没頭してみましょう。
その姿が周りの人の心を豊かにしていきます。