1日1マヤ解説ウェイブスペル

WS 白い決断の鏡

テーマ:自分自身の姿と向き合う

白い鏡は自身の姿を見る鏡です。
自分の姿が鏡に映したように客観的にくっきりと見えるような感覚が起こる時です。自分の置かれている状況や自分が現実に起している何かが意識に入ってきたりします。

それまで見えていなかった自分の側面が、
自分が世界に何を投影してそういう世界を創っているのかが
鏡に映すように見えてくるかもしれません。
また、見たくなくてもそれを見ざるをえない状況に追い込まれることもあるでしょう。

自分のことはなかなか見えないものです。
特に自分がどう現実を創りだしているか?という点は一番影になって見えていません。

ふと、今までの自分を振り返っていて、 喜ばしいことや 不誠実だったことが 見えてくるかもしれません。
何が見えてきても ありのままに 受け入れていきましょう。
自分自身の本当の姿を否定しないで、 見つめて受け入れてあげるのです。

直視するのは勇気がいると思います。
白い鏡は見る勇気を持ちさえすれば、その瞬間から現実は変わっていくのです。
自分が何を投影しているのかが解れば、そういう現実は自ずと消えていくんです。
そして、 新しい現実を自分の意志で作っていく力がもらえる。
白い鏡はそんな自分が設けていた 限界を越えていく力をサポートしてくれるエネルギーです。

そしてこのウェイブスペルの期間は、
『決めて断つ』
『捨てる』

を意識していくことで最高の運気に乗ります。
発想の転換で全ての事を プラスに捉えることができれば、
成功と幸運を手にすることが出来るでしょう。
また「瞑想」が心の平安と 素晴らしいアイディアを 呼び込んでくれます。