1日1マヤ解説ウェイブスペル

WS 黄色い美の星

テーマ:ハーモニーを作る

黄色い星は「Lamat」ラマトと言います。
260あるツォルキンの一番最後のウェイブスペルです。

黄色い星は自分軸で自分の世界を創造していくエネルギーです。
誰もがこの力を内に持っていて、日々自分の世界を創造しています。

でも、ほとんどの場合は、自分が現実を創造していることを忘れているので、逆に現実に振り回されているように感じていると思います。

黄色い星の13日には、本当は自分が自分の世界を創造している女王なのだということを思い出すのです。

黄色い星の「エレガンスの力」は、現実の方が自分に従ってくるような力。
自分で責任を引き受ける覚悟を決めると決めた時から、ことがおのずと動いていく流れが起ったりします。

自分がしっかりと自分軸にいて バランスが取れていると、回りの世界もおのずと調和が出来ていくものです。

誰もが女王・王の力を内に持っています。
「私は私の世界をこのようにします」と宣言する。
傲慢とか、自己中心的なことでもなく、それぞれが自分の世界を 自分の責任で創造していく時、
世界全体にも調和がましていくのです。

そして、黄色い星の時は優雅な時。
人との関わりに難しさを感じても 発想の転換と、相手を許すゆとりある寛容さを持ち、他者との比較ではなく自分のテーマ・役割を『気品とゆとり』をもって生きることを意識してみましょう。